みんなの日本語 初級 第41課【教案】

「みんなの日本語 初級I・II」
スポンサーリンク
CHIYO
やりもらいシリーズ第3弾です!目上の人と会話するときの「いただきます」「くださいます」「差し上げます」と「やります」を学びます。これまでの「やりもらい」の土台がしっかりしていれば簡単なはずです。忘れている場合は復習をがっつりいれてください!(「合わせて読みたい」に参照リンク有り)

物のやりもらい

私は<目上の人>に<物>をいただきます

T:皆さん、去年の誕生日に何をもらいましたか(何人かに聞く)

S:〇〇をもらいました

T:私はもらいましたの文を作ってください。父・お金

S:私は父にお金をもらいました

T:母・かばん

S:私は母にかばんをもらいました

T:友達・靴

S:私は友達に靴をもらいました

T:いいですね。ではこんな時どうしますか。社長・お土産

S:私は社長にお土産をもらいました?

T:それもいいです。でも「社長」というのは家族でも友達でもありません。上の人ですね。その時は特別な言い方をします。私は社長にお土産をいただきました

S:私は社長にお土産をいただきました

T:「いただきます」は「もらいます」の特別な言い方です。では、部長・絵はがき

S:私は部長に絵はがきをいただきました

T:先生・お菓子

S:私は先生にお菓子をいただきました

T:課長・ハンカチ

S:私は課長にハンカチをいただきました

ワーク①「綺麗な〇〇ですね」

A:綺麗な〇〇ですね。(相手の持ち物を褒める)

B:ありがとうございます。

  • <人>にもらったんです。
  • <目上の人>にいただいたんです。
  • <場所>で買ったんです。(自分で買った場合)

A:そうですか

  • B-1

<目上の人>は私に<物>をくださいます

T:それではもう一つ「くれました」も勉強しましょう。これは指輪です。彼がくれました。彼が私に指輪をくれました

S:彼が私に指輪をくれました

T:父・お金

S:父が私にお金をくれました

T:母・かばん

S:母が私にかばんをくれました

T:おば・靴下

S:おばが私に靴下をくれました

T:では、社長・おみやげ

S:?

T:「くれます」の特別な言い方は「くださいます」です。社長が私にお土産をくださいました

S:社長が私にお土産をくださいました

T:課長・本

S:課長が私に本をくださいました

T:先生・辞書

S:先生が私に辞書をくださいました

T:山田さんの奥さん・お皿

S:山田さんの奥さんが私にお皿をくださいました

ワーク②「素敵な〇〇ですね」

A:素敵な〇〇ですね。(相手の持ち物を褒める)

B:ありがとうございます。

  • <人>がくれたんです。
  • <目上の人>がくださったんです。
  • <場所>で買ったんです。(自分で買った場合)

A:そうですか

  • B-2

みんなの日本語 初級I 第2版 本冊の130ページ例文1に「結婚式のお祝いに田中さんがくださいました」という文があります。この「に」は記念の「」です。

私は<目下の人/動植物>に<物>をやります

T:私は旅行に行きました。お土産をたくさん買いました。友達に会いました「ハワイに行ってきたから、どうぞ!」友達にお土産をあげました

S:友達にお土産をあげました

T:母・チョコレート

S:母にチョコレートをあげました

T:父・Tシャツ

S:父にTシャツをあげました

差し上げます(紹介)

T:部長・お菓子

S:?

T:部長にお菓子を差し上げました

S:部長にお菓子を差し上げました

T:先生・絵はがき

S:先生に絵はがきを差し上げました

やります

T:弟・クッキー

S:弟にクッキーをあげました

T:それでもいいです。目下の人に何か「あげます」のときは「やります」も使えます。ですから、「弟にクッキーをやりました」となります

S:弟にクッキーをやりました

T:練習しましょう。犬・えさ

S:犬に餌をやります

T:赤ちゃん・ミルク

S:赤ちゃんにミルクをやります

T:花・水

S:花に水をやります



行為のやりもらい

私は<目上の人>に<動詞て形>いただきます

T:私は去年結婚式をしました。色々な人に手伝ってもらいました。おばはデザイナーです。私はおばに「ドレスを作ります」をもらいました。私はおばにドレスを作ってもらいました

S:私はおばにドレスを作ってもらいました

T:たくさんの友達・きます

S:たくさんの友達にきてもらいました

T:父・お金を出します

S:父にお金を出してもらいました

T:弟・車で送ってもらいました

S:弟に車で送ってもらいました

T:部長・スピーチをします

S:部長にスピーチをしていただきました

S:そうです。部長は上の人なので、「いただきました」がいいですね

T:課長・歌を歌います

S:課長に歌を歌っていただきました

T:大学の先生・ピアノを弾きます

S:大学の先生にピアノを弾いていただきました

  • B-4

<目上の人>は私に<動詞て形>くださいます

T:では次は「くださいました」で言いましょう。「私はおばにドレスを作ってもらいました」は、おばがドレスを作ってくれました

S:おばがドレスを作ってくれました

T:父・荷物を持ちます

S:父が荷物を持ってくれました

T:友達・ダンスを見せます

S:友達がダンスを見せてくれました

T:部長・スピーチをします

S:部長がスピーチをしてくれました

T:課長ケーキを準備します

S:課長がケーキを準備してくださいました

T:大学の先生・写真をとってくださいました

S:大学の先生が写真を撮ってくださいました

  • B-2

私は<下の人/動植物>に<動詞て形>やります

T:もし将来子供ができたら、お菓子を作ります・あげます。私はこどもにお菓子を作ってあげます

S:私はこどもにお菓子を作ってあげます

T:この時もこどもは私より下の人なので、「やります」も使えます。私はこどもにお菓子を作ってやります

S:私はこどもにお菓子を作ってやります

T:娘・英語を教えます

S:私は娘に英語を教えてやります

T:息子・絵本を読みます

S:息子に絵本を読んでやります

<人>を〜

T:こども・公園へ連れて行きます

S:こどもに公園へ連れて行ってやります??

T:連れて行きますの時は「人を」連れて行きます、ですね。この「を」は変えません。子どもを公園へ連れて行ってやります

<人>の<所有物>を〜

T:子供・荷物を持ちます

S:こどもに荷物を持ってやります??

T:荷物は誰のですか

S:こどものです

T:こどもの荷物を持ってやります

S:こどもの荷物を持ってやります

T:こども・服を洗濯します

S:こどもの服を洗濯してやります

<動詞て形>くださいませんか

T:授業中です。少し暑いです。先生は窓の近くに立っています。なんと言いますか

S:窓を開けてください。

T:それでもいいです。もう少し丁寧な言い方で言います。窓を開けてくださいませんか

S:窓を開けてくださいませんか

T:日本語の手紙をみます

S:日本語の手紙をみてくださいませんか

T:いい辞書を教えます

S:いい辞書を教えてくださいませんか

合わせて読みたい

丁寧レベルランクと勉強した課

  1. <動詞て形>いただけませんか(26課
  2. <動詞て形>くださいませんか
  3. <動詞て形>ください(14課
  4. 命令形(33課

〜んですが、<動詞て形>くださいませんか

T:少し暑いです・窓を開けます

S:少し暑いんですが、窓を開けてくださいませんか

T:友達が結婚しました・お祝いは何がいいか教えます

S:友達が結婚したんですが、お祝いは何がいいか教えてくださいませんか

T:漢字がわかりません・ひらがなで書きます

S:漢字がわからないんですが、ひらがなで書いてくださいませんか

  • B-8
  • C-3

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク