みんなの日本語 初級 第1課【教案】

「みんなの日本語 初級I・II」
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
みんなの日本語が始まります!第1課は初級会話の復習がメインです。

<人>は<国名>人です。

(T:教師 S:学生)

準備するもの

  • P9上の絵※を拡大したもの・・・B–1・2・3・4で使用します。
  • P10のページ上にある絵の拡大したもの・・・B-5で使用します。
  • P10のページ中にある絵を拡大したもの・・・B-6・7で使用します。

自己紹介

T:私は山口です。私は日本人です。

初級会話で使用した人カードでも復習します。

 

 

T:リピートしてください。私は王です。私は中国人です。

S:私は王です。私は中国人です。

T:皆さんのことを言いましょう。S1さん?

S1:私はS1です。私は〜人です。

T:(ジェスチャーで次の学生を当てます。)どうぞ。

S2:私はS2です。私は〜人です。

テンポよく一人ずつ当てて聞きます。

・自己紹介をしたら次は他者紹介です。人カードを再度使います。

 

 

T:リピートしてください。王さんです。王さんは中国人です。

S:王さんは中国人です。

 

T:隣の人を紹介しましょう。S1さんです。S1さんは〜人です。

S1:S2さんです。S2さんは〜人です。

S2:S3さんです。S3さんは〜人です

(板書)おうさん は ちゅうごくじん です。

助詞「は」は読むときは「わ」と読みますが、書くときは「は」となることを教えましょう。
  • B-1 (拡大した絵を見せながら全員でB−1を練習します。)

<人>は<職業>です。

T:佐藤さんです。佐藤さんは会社員です。

S:佐藤さんは会社員です。

 

 

T:王さんは学生です。

S:王さんは学生です。

(全ての人カードで練習します。)

T:先生は?

S:先生です。

T:皆さんは?

S:学生です。

  • B-2(拡大した絵を見ながら全員練習します。)
  • C-1



<人>は〜じゃありません。

T:S1さん、S2さんは日本人ですか。

S1:いいえ。

T:S2さんは日本人じゃありません。

S:S2さんは日本人じゃありません。

T:S3さん、S4さんは会社員ですか。

S3:S4さんは会社員じゃありません。

T:皆さんで、「S4さんは会社員じゃありません。」

S:S4さんは会社員じゃありません。

 

T:(絵カードを見せながら)佐藤さんは銀行員ですか。

S:佐藤さんは銀行員じゃありません。

・拡大した絵はそのまま貼っておき、教師はB–3の問題のキーワードを読みます。学生はキーワードだけ耳で聞いて「〜じゃありません。」という文を作ります。(変換練習)

  • B-3

<人>は〜ですか。

T:リピートしてください。(国旗部分を指して)佐藤さんは日本人ですか。

S:佐藤さんは日本人ですか。

T:はい、日本人です。

S:はい、日本人です。

T:佐藤さんは中国人ですか。

S:佐藤さんは中国人ですか。

T:いいえ、中国人じゃありません。

S:いいえ、中国人じゃありません。

「?(疑問文)」マーク棒と「A(答え)」マーク棒を準備します。適当な棒に紙でマークを書いた紙をくっつけるだけで十分です。学生に疑問文も答えも練習させたいので教員はこのマーク棒を使いながら学生を誘導します。

T:聞いてください。スミス、アメリカ(?マークを見せる)

S:スミスさんはアメリカ人ですか。

T:(Aマークを見せる)

S:はい、アメリカ人です。

 

T:リン、日本(?マークを見せる)

S:スミスさんは日本人ですか。

T:(Aマークを黙って見せる)

S:いいえ、日本人じゃありません。

 

  • しばらく他の人カードでも練習します。問題なければBの練習へ行きます。
  • 拡大した絵を貼りながら、教員はB-4の問題キーワードを読みます。学生に疑問文も答えも全て言わせます。
  • B-4
  • C-2

あの方はどなたですか。/〜の〜です。

 

初級会話⑥「誰ですか。」を思い出させます。)

T:あの人がわかりません。あの人は・・だ?

S:誰ですか。

T:リピートしてください。あの人は誰ですか。

S:あの人は誰ですか。

T:S1さん、あの人は誰ですか。

S1:クマルさんです。

T:いいです。S2さん、クマルさんのお仕事は何ですか。

S2:SONYの社員です。

T:いいです。皆さんで、クマルさんです。SONYの社員です。

S:クマルさんです。SONYの社員です。

 

T:あの人は誰ですか。

S:イーさんです。スターバックスの社員です。

T:今日はもっと丁寧な言い方で聞きます。

あの人は誰ですか。は「あの方はどなたですか。」

S:あの方はどなたですか。

板書)

あの ひと は だれですか。

↓               ↓

あの かた は どなたですか

再度「?」「A」棒で学生を誘導しながら、文を言わせます。

T:(「?」を見せる。)

S:あのかたはどなたですか。

T:(「A」を見せる。)

S:佐藤さんです。

 

他の人カードでも何枚か練習します。その後B-5の練習をします。

  • B-5(クラスの学生を真ん中で半分にわけてAチームとBチームに分けます。拡大した絵を見ながらAチームが疑問文、Bチームが答えを言って⑴から⑷まで練習します。その後役割を入れ替えて再度練習します。)
  • C-3

<人>も〜ですか。

 

T:おうさんは学生です。アマさんも学生ですか。

S:はい、アマさんは学生です。

T:アマさん「も」学生です。

S:アマさんも学生です。

T:おうさんは中国人です。アマさんも中国人ですか。

S:いいえ、アマさんは中国人じゃありません。

 

  • 次はキーワードだけ言って学生に文を考えさせます。

T:クマル・会社員・佐藤(「?」マークを見せる。)

S:クマルさんは会社員です。佐藤さんも会社員ですか。

T:(「A」を見せる。)

S:はい、佐藤さんも会社員です。

T:クマル・SONYの社員・佐藤

S:クマルさんはSONYの社員です。佐藤さんもSONYの社員ですか。

T:(「A」を見せる。)

S:いいえ佐藤さんは、SONYの社員じゃありません。

他の絵カードでも同様の練習をします。疑問文が長いのですぐできなければ一旦教科書を開けて文字を見ながら練習してから教科書を閉じてチャレンジしてもいいです。
  • B-6(練習B–6の絵を拡大して↑と同じキーワード変換練習をします。)

何歳ですか。/おいくつですか。

「〜歳」の導入

T:(22を示しながら)22歳

S:22歳

 

  • 1歳から10歳までリピートで導入します。
  • 「いっさい」「はっさい」「じゅっさい」は音が変わる不規則変化なので注意です。
  • 「20歳」は「はたち」であることも紹介します。

おいくつですか。

T:(「22」を隠して)〜さい、がわかりません。リンさんは?

S:おいくつですか。

T:リピートしてください。リンさんはおいくつですか。

S:リンさんはおいくつですか。

T:22歳です。

S:22歳です。

 

・そのまま人カードで練習します。全て終わったら練習B-7へいきます。B-7は拡大した絵を見ながらします。全員でのコーラスに疲れている様子だったらペアワークでもいいです。

  • B-7

何歳ですか。

次に子供の絵を黒板に描きます。小さい人を書いてその横に「3歳」と書きます。

T:テレーザちゃんです。(ジェスチャーで)小さいですね。子供ですね。

テレーザちゃんは何歳ですか。

S:テレーザちゃんは何歳ですか。

T:3歳です。

S:3歳です。

「みんなの日本語」では「何歳ですか」がメインで登場しますが、使う状況が限られるため私は後から導入します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク