【N2文法】〜といえば

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。57回目は話題の意味の「〜といえば」という文型とその例文を紹介します。

〜といえば

接続について

「①Aと聞いて思い浮かぶのは〜」の意味で使う場合

  • 話題の言葉+といえば

「②Aであることは認める、でも〜」の意味で使う場合

  • 普通形(だ)+といえば
  1. 「Aといえば」は「①Aと聞いて思い浮かぶのは〜、Aについて考えると〜」という意味です。
  2. 「AといえばAだが」という形で「②Aであることは認める、でも〜」という意味があります。
  • 2の意味の場合Aには同じ言葉が入ります。
  • 話し言葉で「っていえば」という表現もできます。

例文

【話題】

  • A:次の旅行は北海道に行ってみようと思うんです。B:いいですね。北海道といえば、味噌ラーメンがおいしいですよ。
  • A:あと少しで2020年ですね。B:2020年といえば、いよいよ東京オリンピックの年ですね。
  • A:ああ疲れた。コーヒーでも飲もうかな。B:コーヒーっていえば、駅前に新しいカフェができたみたいだよ。
  • A:田中さん、最近早く帰るね。B:そういえば、もうすぐ会社を辞めてお父さんの会社を継ぐそうですよ。
  • A:もうすぐ冬休みだね。何する予定?B:冬休みにしたいことといえば、やっぱりスキーだね。

【連想】

  • 北海道のお土産といえば、「白い恋人」が有名だ。
  • 日本の観光地といえば、なんといっても京都だろう。
  • 飲んだ後の締めといったら、ラーメンに限る。
  • お菓子と一緒に飲むものといえば、コーヒーですか、紅茶ですか。

【AといえばAだが】

  • 彼女はかわいいといえばかわいいけど、付き合いたいとは思わない。
  • 仕事は好きだといえば好きだが、ストレスも多い。
  • この街も都会といえば都会だけど、やっぱり東京の便利さには負ける。

【参考】類似文型

  • 〜といったら
  • 〜ときたら
スポンサーリンク
スポンサーリンク