【N2文法】<普通形/文>だの

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。136回目は経緯の説明・理由の意味の「<普通形/文>だの」という文型とその例文を紹介します。

<普通形だ*/文>だの

  • *普通形ですが、な形容詞と名詞の「だ」はつきません。
  • 「Aだの」は「Aなど」、「Aだの、Bだの」は「AやBなど」という意味です。不満や批判の気持ちがあるときに使います。
  • 話し言葉で使われます。

例文

  • 一人暮らしを始めるときは、洗濯機だの冷蔵庫だのを買う必要があってお金がかかる。
  • 人々が帰った後の山には、お菓子の箱だの空き缶だのがたくさん落ちていた。
  • 一緒に旅行した友達はホテルが狭いだの、レストランのサービスが悪いだの、文句ばかり言っていた。
  • 学生によって暑いだの寒いだのいろいろ違うことを言うので、教室の温度調整は大変だ。
  • 彼女はもっと薄い味が好きだの、硬い肉が嫌いだの、食べ物にうるさい。
  • ゲームは時間の無駄だの、もっと早く寝ろだの、父はいつも厳しい。
  • テレビをつけると、事故が起きただの、誰かが亡くなっただの、悲しいニュースばかり報道している。
  • 兄は東京に行ってから、有名人と知り合いになっただの、給料が多いだの、自慢が止めらない。

【参考】類似文型

スポンサーリンク
スポンサーリンク