【N2文法】<動詞ます形>かねない

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。103回目は悪い結果の可能性を表す「<動詞ます形>かねない〜」という文型とその例文を紹介します。

<動詞ます形>かねない

  • 「Aかねない。」は「Aする心配がある、Aかもしれない」という意味です。
  • 基本的に悪い結果が来る可能性があるときに使います。ただし、期待していること、面白がっていることに対してユーモアを込めて使うときもあります。
  • 過去にあったことに対して、納得する時に使うこともあります。

例文

  • 眠いときに運転すると、事故を起こしかねない。
  • 一度嘘をつくと、後から面倒なことになりかねない。
  • あの人は口が軽いから秘密を他の人に言いかねない。
  • そろそろあの二人を止めないと、大げんかに発展しかねない。
  • メディアのいい加減な情報は、国民に誤解を招きかねない。
  • あの社長なら、故郷の町に20億円寄付なんてこともやりかねない。
  • 部屋では静かに歩かないと、下の階の人に文句を言われかねない。
  • A:あ、太郎がボタンを食べようとしてる!/B:赤ちゃんは一瞬でも目を離したら、危ないことをやりかねないね。
  • 便利な生活を可能にするクレジットカードだが、使いすぎると借金まみれになりかねない。
  • 色々な人を友達になることを可能にするSNSも、注意しないと悪い人に悪用されかねない。

【参考】類似文型

  • 〜おそれがある
  • 〜かねる
  • 〜ないともかぎらない
スポンサーリンク
スポンサーリンク