【N1文法】<文/名詞> とばかり(に)

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法24回目です。様子の意味を表す「<文/名詞> とばかり(に)」という文型の意味と例文を紹介します。

<文/名詞> とばかり(に)

「Aとばかりに、〜」は「(実際にそうは言ってないけど)今にも〜と言い出しそうな、様子だ/行動をする」という意味です。

  • 発話文にそのままつきます。カギカッコ(「」)は付く場合も付かない場合もあります。
  • 話し手自身の様子には使いません。
  • 「ここぞとばかりに≒この時とばかりに」は慣用句的な表現です。

例文

  • 家へ帰ると、ポチは「待ってました」とばかりに尻尾を振った。
  • 北京で食べた麻婆豆腐は「これが本場の味だ」とばかりに辛かった。
  • 課長はこれ以上言うなとばかりに、田中さんの方を睨んだ。
  • ゴールの前が大きく開いたので、佐藤選手はチャンスとばかりにボールを蹴った。
  • 先週夏のセールが行われていたので、妻はここぞとばかりにブランド品を買っていた。
  • まだ試験中なのに、学生は「あきらめた」とばかりに眠り始めた。
  • もう話したくないとばかりに、子どもは部屋のなかに入ってしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク