【N1文法】<名詞> に至るまで、〜

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法8回目です。範囲を表す「<名詞> に至るまで、〜」という文型の意味と例文を紹介します。

<名詞> に至るまで、〜

意味:「Aに至るまで、〜」で、「Aという意外なことにまで、範囲が及ぶ」という意味になります。

Aでは意外なことを表す事柄を述べ、範囲が広く及んでいることを意味します。

「AからBに至るまで」の形で使われることが多いです。その場合AとBは遠い意味、反対の意味を持つ言葉が入ります。(例:大きい⇄小さい、古い⇄新しい)

例文

  • 隣駅に大型書店ができた。本はもちろん、文具や雑貨に至るまで扱っている。
  • 問診票には現在の症状からこれまでの家族の病歴に至るまで様々な質問項目があった。
  • あの秘書は通常のスケジュール管理から、プライベートの対応に至るまでなんでもこなす。
  • 一流ホテルのフロント係はタクシーの手配から子どもの誕生日祝いに至るまで、親切に世話してくれた。
  • このレストランの料理は前菜からデザートに至るまで、すべて植物性の素材から作られている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク