15分の模擬授業を突破するコツをお伝えします。【日本語教師/未経験/就職活動】

日本語教育の関連話
スポンサーリンク

学期の変わり目ということで、いろいろなところから「日本語教師募集」の声が聞こえてきますね。一年でこの時期だけしか募集しない学校もあるので、就職・転職を考えている人は今がチャンスです。

日本語教師の採用において重要なのは、模擬授業です。

採用する側・される側とどちらも経験した中で、私が考えるポイントをお伝えします。

各サイトで新しい採用情報が続々と出ています。

私が利用したことがあるサイトを紹介します。最近は転職サイトやハローワークの求人欄でもよく見かけるようになりました。

  • 公益社団法人 日本語教育学会:国内外の大学や公的機関の募集が中心のサイトです。そのため募集条件に「経験2年以上」や「学歴が修士以上(大学院を出ている)」などを掲げている学校が多いです。かつては大学で働けるのは修士以上ということが多かったですが、現在は実務経験をその代わりと見なしている機関もあります。よく条件を読んで応募しましょう。
  • 日本語教師の集い:掲載している数が多いサイトです。未経験でも働ける学校が多数あります。一覧に勤務場所も書いてあるので、パッと探しやすいです。サイトのトップに「海外で就業される方へ雇用に関するトラブル報告が年々増加しております。」とあるように、いろいろな学校が紹介されています。気になった学校についてはホームページや口コミなどをよく読み、どんな学校なのか調べましょう。
  • NIHON MURA:こちらも全国・国内外の学校の募集状況を見ることができます。2番目の「日本語教師の集い」と同じ学校が載っていることもあります。学校説明会についての情報がわかりやすいです。全くの未経験の人は学校を複数見学してみるのをお勧めします。学校の雰囲気、置いている教具、教科書、コピー機の台数、先生方の雰囲気、年齢層、学生の雰囲気などをよく見て、自分に合いそうな学校を探すといいです。
  • DODA:様々な業界を扱う有名な転職サイトです。上記3つのサイトにはないビジネス日本語ができる先生や教務主任の募集があります。無料でカウンセリングも申し込め、プロのカウンセラーに職務経歴書のアドバイスもしてもらえるので、いい求人が出てないかこまめにチェックするといいです。


一般的な選考の流れ

一般的には「①書類選考→②模擬授業(15分程度)→③面接」という流れです。未経験でもOKな海外の学校では模擬授業はしないこともあります。

書類選考について

こちらは他の業界と同様、事実を簡潔に、丁寧に書きます。

だいたい履歴書職務経歴書の提出があります。履歴書はDODAなど見ながら普通に書けば大丈夫です。職務経歴書は使用していた教科書、一回の授業の時間、週に担当したコマ数、学生の国籍、教え方は直接法なのか間接法なのか、書いておきます。

  • 直接法:日本語で日本語を教えること。
  • 間接法:媒介語を使って日本語を教えること。

誤字脱字がないかチェックしたら、早めに送りましょう。ほとんどの候補者は締め切り間際に送るので、早めに出すとじっくり内容を読んでもらえるチャンスが高くなります。

模擬授業について!!【15分の勝負】

模擬授業の学生役は専任講師か「みんなの日本語」が一通り終了した学生がなる場合が多いです。

採用においてとても重要な部分です。しっかり準備していきましょう。

本番は緊張で何かしら失敗するという前提で考え、教案がなくても授業ができるぐらい練習しておきます。(声に出して練習します。家族・友人に学生役を頼むのもありです。)

採用のための模擬授業は初級会話の動詞の活用授業を15分間するのが一般的です。課はあらかじめ指定されることがほとんどです。

よく指定される課は「みんなの日本語第2版の17課ない形」です。他14課のて形27課の可能動詞31課の意向形などで指定されたという人もいるようです。私が採用する側として見ていたポイントは以下です。

外見・服装

服はスーツで行っておけば間違いないかと思います。スーツを持っていないなら、ジャケットを着ましょう。靴は革靴/プレーンパンプスで。髪はきちんと整えて、服はしわや汚れがないか確認します。

採用を担当して、「第一印象が重要」の意味が身にしみてわかりました。きちっとした風に見せるだけで、授業の内容や人柄がぐんとよく見えてしまいます。また採用後に担当するクラスにも少なからず影響するように感じます。

男性はだいたいスーツで来られるのですが、女性は結構バラバラで、正直「服で損してるなあ」と思うことが多いです。

女性が仕事で着る服について超オススメの本はこちらです。kindleunlimitedに登録すれば無料で読めます。

女性は表情が明るくなる素敵なメイクをしていきましょう。私はこの動画の感じが素敵だと思います。

そんなにお堅い業界ではないので、実際の授業はジーンズや極端に短いスカートなどじゃなければあまり注意されないです。ただ、面接の時だけはかっちりすると嬉しい効果がたくさんあります。

話し方/語彙・文型コントロール

大きい声で、はっきり話します。意識してややゆっくり目に話すと落ち着いた印象を醸し出せます。普段からゆっくり話す人はそのままでいいです。

それから、例えば「みんなの日本語」17課のない形を指定された場合、授業で使う言葉は基本的に16課までに勉強した語彙と文型に限定します。授業中に19課の辞書形や20課の普通形で説明していないか見ています。

模擬授業の教案は話すセリフを一字一句書いて、未習の語彙や文型を使っていないか確認します。(みんなの日本語の後ろの方に語彙一覧があります。)

また、国内の日本語学校で直接法で教える場合は英語を使いません。細かいですが「ないform」より「ない形」、「Verb」より「どうし」の方がいいかなと思います。「1グループ、2グループ」の「グループ」は外来語なのでそのままで大丈夫かなと思います。

基本的な知識の確認

導入は定番の文で1分ぐらいで簡潔に導入します。それからきちんと動詞のグループ分けをして、形を説明します。順は「1グループ→2グループ→3グループ」か「2グループ→3グループ→1グループ」が普通だと思います。

19課より前の課を教える場合、ます形から他の形に変換してください。
この時、学生に背を向け一人講義をしないようにします。方法としてはアイコンタクトをとる、1グループごとにリピートする、たまに動詞を学生に言わせるなどがいいと思います。

口頭練習を十分にしているか。

導入が済んだので、変形練習をします。フラッシュカードがあると便利です。全員に当てたり、個別に当てたりして十分に練習します。

カードを使い倒してもなお時間が残っていれば「教師がます形を口で言って、学生がない形をいう」という耳を使う練習をしましょう。この時に使う動詞も全て既習の物にしてください。終了の合図をもらうまでひたすら口頭練習します。

上記方法ですると、15分の授業はあっという間です。短い時間なので教科書を読ませたり、ドリルに書かせる練習はしなくていいと思います。

指定の時間に導入と練習が終わっているか。

結構難しいのですが、きちんとできていると模擬授業の評価はA+になると思います。タイマーを見ながら教える余裕があれば一番いいですが、無理そうならば自宅でエア模擬授業をして、だいたい13分ぐらいにおさまるように教案を書きましょう。

最後に時間が余ったらひたすら口頭練習しておけば大丈夫です。タイマーは今後の授業でもよく使うのでない場合は購入しておいていいとおもいます。タニタのタイマーは数字が大きく、操作が簡単なので使っている人が多いですよ!

 

CHIYO
模擬授業のコツについてはこの辺で終わります。もしこの記事がお役に立てたならSNSでシェアしてくださると嬉しいです。よく調べて準備して、素敵な学校との出会いがありますように。
スポンサーリンク
スポンサーリンク