【N3文法】<動詞辞書形/た形>とおり+に/になる/だ。/<動詞ます形/名詞>どおり、〜

N3文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N3文法を始めます。3回目は「同じように」という意味の「<動詞辞書形/た形>とおり+に/になる/だ。」「<動詞ます形/名詞>どおり、〜」という文型とその例文を紹介します。

<動詞辞書形/た形>とおり*+に/になる/だ。

*漢字表記は「」です。

「Aとおり」は「Aと同じに」「Aのまま」と言う意味です。

例文

A:このカレー、本当においしいですね。

B:よかったです。妻が言う/妻が教えてくれた/本のレシピの とおりに作ったんですよ。

A:そうなんですか。

妻が言うとおりの方法で、カレーを作ってみた。

→妻が教えてくれた/本のレシピの とおりに作ったら、上手にできた。

**

A:田中さん、会議に間に合うかな。

B:きっと遅刻すると思うよ。

田中:すみません、遅れました!!!

B:ほらね。私が言った/予想のとおりでしょう。

Bさんが言ったとおり、田中さんは遅刻してきた。

→予想のとおり、田中さんは会議に遅刻してきた。

**

A:頼まれていた仕事、終わりました。

B:ここ、自分の意見をもっと書いていいよ。

頼まれた通りにレポートを書いたが、自分の意見を増やすように言われた。

**

A:Bさん、大阪の人でしょう。

B:その通りです。どうしてわかったんですか。

A:話すとき、時々関西弁になっていますよ。

B:えっ気づきませんでした。

<動詞ます形/名詞>どおり*、〜

*動詞のます形や名詞にそのまま接続する場合は発音が「おり」になります。*漢字表記は同じく「」です。

例文

A:息子が大学にはいかないと言ってるんです。将来が心配です。

B:子どもは親の 思い/期待 どおりにはなりませんよ。自由にさせた方がいいですよ。

**

A:来年からフランスで働くことになったんです!

B:すごいですね。願い/希望 どおりになってよかったですね!

**

A:明日のサッカーの試合、緊張するなあ。

B:大丈夫だよ。練習したとおり/いつもどおり にやれば。

【参考】類似文型

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク