【N2文法】<動詞普通形/名詞+の>おそれがある

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。103回目は悪いことが起こる・起こった可能性を表す「<動詞普通形/名詞+の>おそれがある」という文型とその例文を紹介します。

<動詞普通形/名詞+の>おそれがある

  • 「おそれ」は「恐れ」と表記します。「心配、不安」という意味です。
  • 「Aおそれがある。」は「Aする心配がある、Aの可能性がある。」という意味です。
  • 基本的に悪いことが起こる可能性があるときに使います。
  • ニュースや天気予報でよく使います。

例文

  • 週末は低気圧が近づき、雨や雪の量が多くなるおそれがあります。
  • 台風が北上し、明日朝に西日本を直撃するおそれがあります。
  • 機械で正しく読み取れないおそれがあるのでシャープペンシルは使用できません。
  • 健康に影響を与えるおそれがあるため、赤ちゃんにはちみつをあげてはいけません。
  • この病気はそのままにしておくと、手遅れになるおそれがある。
  • 大雪の影響で、交通機関に大きな乱れが出るおそれがあります。
  • 新型ウイルスがライブハウスで集団感染したおそれがある。
  • 被害者のプライバシー侵害の恐れがあるので、犯人の名前は発表しない方針だ。
  • 災害のおそれがあるときは、早めに避難してください。
  • ただ今の地震では津波のおそれはありません。
  • 薬は正しく飲めば、副作用のおそれはほとんどありません。
  • アフリカゾウは人間のせいで絶滅のおそれがある。(絶滅・ぜつめつ:全てなくなってしまうこと。)

【参考】類似文型

スポンサーリンク
スポンサーリンク