【N1文法】<名詞/疑問詞>であれ・であろうと、〜

N1文法
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
N1の文法43回目です。逆接条件の意味を表す「【N1文法】<名詞/疑問詞>であれ・であろうと、〜」という文型の意味と例文を紹介します。

【N1文法】<名詞/疑問詞>であれ・であろうと、〜

「Aであれ・であろうとB」は「Aでも、関係なくB」という意味です。

  • 後件Bには、「事態は同じだ」という内容がきます。
  • 話者の判断や推量を表す文がきます。
  • 「たとえ・どんな」などの言葉を一緒に使うことがあります。
  • 硬い表現ですが、話し言葉としても使われます。

例文

  • たとえ親であれ、子どもの決めたことに口出しするのは反対だ。
  • 友人の家であろうと、訪問時の服装は少しあらたまったものにするのが礼儀です。
  • 弟はどこであれ熟睡できるのが羨ましい。
  • 移民の理由が何であれ、幼い子供達は、慣れない言語での授業を受けることになる。
  • 若い時はどんな仕事であれ、一生懸命取り組みました。
  • 女性のライフスタイルについての悩みは、いつの時代であろうと変わらない。
  • どんな理由であろうと復讐という行為は無意味なものである。
  • 誕生日を覚えていてくれたら、相手が誰であろうと嬉しい気持ちになるだろう。
  • 皇室はどんな国であろうと、平等に扱います。
  • 日系化学メーカーは、男性社員にどんな事情であろうと、転勤するよう命じ世間から大きな批判を浴びた。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク