【N2文法】<名詞・動詞辞書形+かどうか>をめぐって

Japanese Lesson
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。30回目は話題の中心の意味である「<名詞・動詞辞書形+かどうか>をめぐって」という文型とその例文を紹介します。

<名詞・動詞辞書形+かどうか>をめぐって

漢字について

  • 「めぐって」は「って」と書きます。

名詞につづく場合の形について

  • 「<名詞>をめぐる<名詞>」「<名詞>をめぐっての<名詞>」という形もあります。

「Aをめぐって」は「Aを中心テーマにして」「Aを目的にして」という意味です。

  • Aには議論のテーマ、うわさ、争っている問題、目的とする人やものごとなどが入ります。
  • 主語は普通、複数になります。

例)

○2人の男性たちが一人の女性をめぐって戦った。

×田中さんは一人の女性をめぐって戦った。

○遺産をめぐって兄弟たちが喧嘩している。

×遺産をめぐって、私は手続きをしている。

例文

  • 新しい空港建設をめぐって地元の住民たちが反対運動をしている。
  • この地域では2つの国により土地めぐっての争いがずっと続いている。
  • 与党と野党の責任者は、憲法改正や社会保障などをめぐって議論した。
  • 日本では女性の差別待遇をめぐる長い裁判の歴史があります。
  • 20世紀は石油を巡って争う世紀だったと言われています。
  • 部長の退職をめぐるうわさは、またたく間に会社中に広がった。
  • 車内の働き方改革が実現できるかどうかをめぐっては、社長の意見が重要になる。
  • 一人の男性をめぐって20人の女性が争うバラエティー番組が人気だそうだ。

【参考】類似表現

スポンサーリンク
スポンサーリンク