【N2文法】<普通形>に過ぎない。

N2文法
スポンサーリンク
CHIYO
JLPT対策・N2文法編です。107回目は「ただ〜だけだ」という意味の「<普通形>に過ぎない。」という文型とその例文を紹介します。

<普通形*>に過ぎない。

接続について

  • 普通形ですが「な形容詞」と「名詞」の「だ」は消えます。また「ーである/ーだった」と言う形が使えます。

漢字について

  • 過ぎない:「ぎない」と読みます。

「Aにすぎない」は「ただAだけだ。」とい意味です。

  • 「すごいことではない・大したことではない・〜しかない・少ない」という軽視の気持ちがあります。

例文

  • フランス語ができると言っても、基本的な日常会話が話せるに過ぎません。
  • 最近は外見がいいに過ぎない人より、個性的な俳優の方が人気がある。
  • 彼女は母親が有名であるに過ぎないのに、いつも偉そうにしている。
  • 日本の会社における女性管理職の比率は、ほんの10%に過ぎない。
  • 私はただのアルバイトに過ぎないので、責任は取りません。
  • 言葉はあくまで道具に過ぎない。何を持っているかではなく、どう使うかが大切なのです。
  • 今の時代、結婚することは人生の選択肢の1つであるに過ぎない。
  • その男の話はこの村の伝説に過ぎない。
  • 今回逮捕した経営者は氷山の一角*だったに過ぎない。(ひょうざんのいっかく:他にも悪いことをしている人はたくさんいる、と言う意味です。)

【参考】類似文型

  • ただ〜のみ。
  • 〜にほかならない。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク