【セブ挙式⑤】朝のシャングリラの様子と『Tides』の朝食

Travel
\完全版noteマガジンはこちら【有料】/

2月中旬から5月中旬はセブのベストシーズン!

ぐっすり寝て部屋の外をみてみると、見事な青空が広がっていました!本当に気持ちがいいです!

光が降り注ぐ綺麗な写真が撮れました。真ん中にはプールが見えます。

昨夜暗くて見られなかった、ホテル内部を散策してみます。敷地はなんと東京ドーム2.8個分だそうで、プライベートビーチの長さは350メートル!

広いのでホテル内だけで十分南国を満喫できて、かつセキュリティもしっかりしているので、子供やお年寄りがいる家族にもオススメの場所です。

ダイビングに出かける人々。今日はどんな魚が見えるのかなあ・・・

波の音を聞きながらのスパ・・・素敵ですね。老後は海のそばで暮らすのが夢です。


レストラン「Tides」にて朝食ブッフェ

朝食はブッフェスタイルです。『Tides』『Aqua』というホテル内のレストランでいただきます。私たちは3回チャンスがあったので、とりあえず『Tides』から行くことにしました。

朝食は6時から10:30の間食べられます。混雑状況はこのポスターの通りです。

私たちは朝7時に行ったところ、ギリギリ待たずに席に案内してもらうことができました。

混雑時に行くと少し待たなければなりません。

ただ、中の席は広くてすぐに案内してもらえるので、好きな時間に行って問題ないと思います。

ジュースは本物の搾りたてです!若干果肉や種が混じっていることもありますが、それもまた手作り感があっていいです。オススメはパイナップル!甘くて柔らかい酸味があって朝にぴったりです!

こちらは洋食コーナー。たくさんの種類のパンやマフィンが選び放題です。

オムレツは目の前で焼いてくれます。ホテルのオムレツ大好きです!私はチーズ多めでお願いします!

 

ヌードルコーナーです。スープはビーフ、チキン、ポークから選びます。おそらく化学調味料など入れてない本物のスープなので、味は薄めでした。

手前にあるナンプラーや醤油を足すとちょうどよくなります!

フィリピン料理コーナーもちょこっとあります。塩気があるハムのようなお肉や、鶏肉の煮込みなどがあります。私のオススメは「シニガン」というスープです。(写真の左下にあります。)

タマリンドというマメ科の植物を入れた酸っぱいスープで、日本でいう「味噌汁」的立ち位置の料理です。爽やかな味が癖になります。

日本食コーナーもあります。フィリピンはお米を食べる国なので、お寿司も日本人が食べても結構美味しいと思うレベルのものが多いです。

韓国料理コーナーもあります。

3回ぐらいお代わりをしながら、美味しい朝食を楽しみました。『Tides』は賑やかで、広くて、種類が多くて、わいわいした雰囲気です。

子ども連れもたくさん来ていましたよ!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク