【N1文法】<動詞の辞書形+こと/名詞>なしに(は)、なしでは、なくして(は)

N1文法
スポンサーリンク
CHIYO
N1の文法39回目です。条件の意味を表す「<動詞の辞書形+こと/名詞>なしに(は)、なしでは、なくして(は)」という文型の意味と例文を紹介します。

<動詞の辞書形+こと/名詞>なしに(は)、なしでは、なくして(は)、(否定表現)。

「AなしにはB /AなしではB /AなくしてはB」は「もしAがなかったらBができない。」という意味で、「BにはAが必要だ。」という強い気持ちがあります。

  • 後件は否定的表現がきます。可能動詞の否定形が多いです。
  • 「なくしては」は硬い表現です。

例文

  • 親からの援助なしに、あのホテルで結婚式をすることはできない。
  • 彼なしに、このプロジェクトの成功はあり得なかった。
  • 断りもなしにこの写真を使用することは禁止されています。
  • 日本の夏はエアコンなしには一日も過ごせません。
  • 皆様の暖かいご支援なしでは、この金メダルを手にすることは不可能でした。
  • 私はあの映画を涙なしでは見られませんでした。
  • 移民を受け入れない日本の将来は、AIなしでは成り立たないだろう。
  • 国の政策は、国民の同意なしでは策定されません
  • 子育てを取り巻く環境を整えることなしに、少子化は止められない。
  • 人は他者の支えなくしては生きられない。
  • 自分の国のことを知ることなくして、国際交流はできない。
  • 政治の安定なくして、経済の安定なし。
スポンサーリンク
スポンサーリンク